「結果」よりも「プロセス」のほうが大事だと思いたい

新型コロナウイルスの影響もあり、仕事のやり方、働き方がこれまでとはずいぶん変わってきています。

仕事に対する評価の方法についても、リモートワークが増えてくるに従い、これまでのように真面目に出勤して終業時間まで頑張るというやり方から、もっと実質的な仕事の成果・結果に重きを置く方向に変わってきたり、逆に、リモートワークなんだから職場と同じように成果だせないし、という意見から揺り戻しもあったりで、混乱してますね。

 

真面目な人ほど、仕事を終わらせるという計画を立てて、その計画通りに仕事が終わらせられないと、自己嫌悪に陥ってしまいます。リモートのせいにするのも卑怯だと感じ、よりネガティブな気持ちになると、どんどん仕事の効率も落ちてしまいます。

 

そういう方は、視点を変えてみて、目標を、「仕事を終わらせる」から「仕事を進める」に変えてみると、意外に効果的かもしれません。

真面目な人ほど、仕事が終わらないことに責任を感じてしまいます。

ですが、ポジティブな人は、そこまで深刻に考えず、仕事が終わらなくても、「まあ今日はこれくらい進んだからいっか」と前向きにとらえることで、仕事の意欲を保つことができます。

 

実際、仕事が今よりも進んだんだったらいいじゃないですか。終わらない日もありますよ。ぼちぼちやりましょう。

仕事でも交渉でもなんでも、とにかく停滞しないことが大事なんです。

 

私が締め切りまでに仕事を終えられなくても、その過程を評価してくださいね。

 

ではまた(^^)

関連記事

  1. オペレーションの裏側

  2. 笑顔でいよう

  3. 第6話 相手の話を聞く方法

  4. 毎日腕立て伏せ100回の巻

  5. 善人への道

  6. 第34話 女性と男性で交渉に違いはあるの?

  7. 交渉の目標は何でもいいの?

    第3話 交渉の目標は何でもいいの?

  8. 続・集中したいのに!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。